屋根の葺き替え工事の費用相場はどれくらい?

屋根は、水の脅威から建物を守ってくれる存在です。

屋根が劣化すれば、水は屋根から家の中に入り込み、内部の構造物を劣化させてしまいますから、屋根のメンテナンスは、先手を打って行う必要があります。

本記事では、住宅の屋根の葺き替え(ふきかえ)工事にかかる費用の相場について解説していきます。

屋根の葺き替え工事の相場はどれくらい?

屋根の葺き替え工事にかかる費用の相場は、140~200万円くらいです。
ここまで相場となる費用に差があるのは、使用する屋根材の種類によって費用が変動するからです。
次に、費用の内訳について見ていきましょう。

葺き替え工事の費用内訳

①足場、養生

屋根の葺き替え工事のような高所での作業をする場合、まずは足場を組みます。
そして場所によっては、足場を傷つけないように養生を敷くこともあります。
足場の設置費用は1㎡あたり700~800円、養生は1㎡あたり200円ほどです。
高所の作業をする際、足場の設置は必ず行うことになるため、この費用を削ることはできないと思ってください。

②既存の屋根の撤去

足場を組んだら、次に既存の屋根の撤去作業に入ります。
屋根の撤去作業にかかる費用は、1㎡あたり1,500円から3,000円とされています。
そして、処分するのにかかる費用も撤去費用と同等か少し安いくらいとなります。

処分と撤去であれば、この費用で済みますが、もし撤去する既存の屋根にアスベストが含まれていた場合は、アスベストの処分費用として1㎡あたり20,000円から85,000円ほどの費用が加算されます。

③下地(見出し2)

屋根を撤去したら次は下地の対応にあたります。
下地は、屋根と防水シートの下にある仕上げ材のことです。
下地は劣化具合を見ながら、交換するかどうか判断しましょう。
撤去と新設にかかる費用は2,000円から3,500円ほどです。

④防水シート(見出し2)

屋根と下地の間には防水シートが敷かれています。
防水シートは、名前の通り建物内部に雨水が染み込まないようにする役割を持っています。
防水シートにはいくつかの種類がありますが、費用と耐用年数は概ね比例しているので、必ずしも安い方が良いということはありません。
(防水シートー費用[1㎡あたり]ー耐用年数の順に紹介)
 
アスファルトルーフィングー200円〜ー15年
改質アスファルトルーフィングー400円〜ー30年
透湿防水ルーフィングー500円〜ー50年以上
粘着層付きルーフィングー900円〜ー30年

⑤屋根の棟の設置

屋根と屋根が交わる一番高い部分を「屋根の棟」と言います。
屋根の棟の費用は、1メートルあたり2,000円から3,000円となっています。

⑥軒の設置

軒は、外壁よりも外にある屋根の部分です。
軒の費用は、1メートルあたり1,500円から2,000円です。

⑦屋根材にはどんなものがある?

先述の通り、屋根の葺き替え工事の費用相場には、ばらつきがあります。
それは、屋根材に使用される素材の費用に差があるからです。
日本では、次の4つの素材の利用が多いです。

日本瓦

築年数の古い住宅の屋根によく見られますね。
耐久性が高く重みのある素材のため、防音性、断熱性に優れています。

デメリットは重さにあります。
例えば、日本瓦より軽いスレート屋根から日本瓦に変更するといったことはできません。(できないよりは、耐震性が下がってしまいます)
耐久年数ー50~100年
価格ー8,000円〜12,000円/㎡

スレート屋根

セメント成分と繊維質の材料を混ぜた屋根板です。
耐久年数は長くありませんが、素材の種類が多く扱っている業者も多いため、メンテナンスをしやすいことには間違いありません。
耐久年数ー20〜25年
価格ー4,500円〜8,000円/㎡

セメント瓦

セメントと砂が原料の素材です。
日本瓦のような性質を持ち合わせているため、重みがあり断熱性、防音性の高い素材です。
しかも日本瓦よりも費用が安価で種類も多いため、日本瓦を使用したいけれど住宅の耐震性の問題で使用できないという方にはおすすめです。
耐久年数ー30〜40年
価格ー6,000円〜8,000円/㎡

カルバリウム鋼板

アルミニウムが多く含まれた素材です。
軽く耐久性に優れていますが、衝撃に弱く断熱性が良くないなど、軽さが故の欠点もあります。
耐久年数ー塩害地域は15年、それ以外は30年。
価格ー6,000円〜9,000円/㎡