屋根修理っていつやればいい?おすすめの時期や劣化症状について解説

屋根は住宅の内部を守るという重要な役割があります。
ですから屋根が劣化すると大変です。雨の侵入によって内部の構造物がやられてしまう可能性があるからです。

内部の構造物がダメになってしまうと費用がさらに高くなります。
屋根を修理する費用の他に、内部の構造物の改修などいろんな費用が増えます。

そのため、屋根のリフォームは、屋根がダメになるのを「予防」するつもりで工事する必要があるのです。

本記事では、屋根の修理について解説します。

屋根の修理はいつするのが良いのか

早速本題に入りましょう。屋根の修理はいつするのが一番良いのでしょうか。

①使用している屋根材の耐用年数から判断する

判断する方法の一つに、今現在使用している屋根材の耐用年数から判断するという事があります。
屋根材ごとの耐用年数はこんな感じ。
 
(屋根材ー耐用年数)
 
粘土瓦ー50〜100年
陶器瓦ー50〜100年
セメント瓦ー30〜40年
スレート屋根ー20〜25年
ガルバリウム鋼板ー30〜35年
アスファルトシングルー20〜30年
トタン屋根ー10〜20年
 
屋根材によって耐用年数が大きく変わることをお分かりいただけると思います。
しかしここで一つ注意しなければいけない事があります。
それは、耐用年数がまだある=リフォームをしなくてもいいということでは無い事です。
 
屋根自体はまだ劣化していなくても、各住宅の屋根下に設置された防水シートが劣化している可能性があるからです。
一般的な防水シートの耐用年数は30年前後。
 
また、耐用年数が過ぎてなくても劣化症状が見られたら当然点検を入れるべきで、使用している屋根塗料の耐用年数も頭に入れておかなければいけません。
 
こういったことを考えると、屋根の点検は屋根材の耐用年数がどうであれ、最低でも20〜30年の間隔で行う必要があります。

②屋根材ごとの劣化症状について

次に屋根材ごとに見られる劣化症状について解説します。

瓦屋根

まずは瓦屋根です。
耐用年数は100年と、屋根本体は長持ちする瓦素材ですが、屋根塗装による劣化は起こります。
 
主な症状
・塗装の色褪せ
・チョーキング
・コケの発生
・瓦のひび割れ
・漆喰(しっくい)の変色、ひび割れなど

スレート屋根

近年の一戸建て住宅に多く採用されてるスレート屋根は、耐用年数が短いですが安価で種類も多く、メンテナンスや交換がしやすいため、利用が多くなっています。
 
主な症状
・色褪せ
・チョーキング
・割れ
・水分の含みによる膨張

トタン屋根

高度経済成長期の時代に建設された住宅の屋根によく見られるトタン屋根です。
設置がしやすく費用も安価ですが、耐用年数が短く10年をめどに点検、さらには葺き替えを考える必要があります。

屋根の点検、修理依頼はどうやればいいの?

「そろそろ修理かな?」と感じても、まずは点検をしてもらいそれから修理するかどうか決める必要があります。
最後に屋根の点検、修理をする際の注意点について解説します。

①予定を立てること

日本にはたくさんの業者がいます。
たくさんの業者の中から、自分に合った人や会社にたどり着くまでは相当な時間を要するでしょう。
業者調査の期間は余裕を持って設けましょう。
 
業者を決定しても時間がかかる可能性があります。
点検であれ修理であれ、地元で人気がある業者への依頼は、依頼をしてから開始まで時間がかかります。
 
着工開始を希望する1〜2ヶ月前からは業者との連絡を取り始めるようにしましょう。

②点検なら雨季がおすすめ

点検をする際、業者との予定が合えば雨季に行ってもらうのもおすすめです。
屋根が劣化して起こる諸問題は、雨漏れや湿気をはじめ、雨が降っている時に顕在化する問題が多いですね。
これを逆に考えたら雨季は、雨が降ることによって起こる住宅への負担を実際見て考えられる良い機会なのです。

③屋根修理は晴天率が高い時期がおすすめ

当然ですが、屋根修理は晴天率が高い時期に行うのがおすすめです。
しかし晴れやすい間に修理をしておきたいのは誰も一緒なので、晴天率が高い時期は業者への依頼が殺到して、工事が思う通り進まない可能性があることを頭に入れておきましょう。